プライベートなお買い物はコンビニ決済で

###Site Name###

インターネット通販サイト利用者の大半がクレジットカードでお金を支払っています。


カード払いは非常にスピーディに代金の支払いが可能なやり方であり、手数料や時間、外出に掛かる手間がなく、大勢のネットユーザーに愛用されています。

ただ、一方でクレジットカード払いにも、気になるポイントが存在します。



クレジットでネット通販サイトの代金を決済すると、カード会社から明細書が送付されます。

商品名が細かく記載されるケースは稀ですが、基本的に利用した店舗名は紙に記載される事が多く、お買い物内容が両親や妻、夫、あるいは子供たちに見られてしまう恐れが出て来ます。

コンビニ決済の詳細情報となります。

クレジット決済は極めて利便性の良いやり方ですが、プライベートなお買い物の代金を支払う際には、やや不向きです。

Ameba Newsの特徴につてをいくつか紹介しています。

美少女アニメのグッズを買う際、イケメン俳優の写真集を買う場合など、お買い物を家族に知られたくない場合はカード明細書に載らないコンビニ決済が役立ちます。

コンビニ決済であれば、通常のコンビニ利用と同じく、紙幣にて代金を支払えますし、「ちょっとコンビニでお茶を買ってくる」と家族に告げれば、何も怪しまれる恐れはありません。

コンビニ決済をするためには、支払いに必要な情報が明記された用紙が必要になります。
基本的に通販サイト利用後、画面の案内に従っておけば、その用紙を自宅のプリンターから出力出来るページに行けますので、特別な申請等は不要です。用紙にはバーコード等の情報が明記されているだけであり、コンビニ決済をレジで済ませる際も、「美少女フィギュアの代金」といった詳細が店員に伝わる事はなく、代金がレジに表示される程度ですので、安心です。