相続放棄の趣旨については知っておいた方が良い

###Site Name###

被相続人が亡くなった場合にその人が遺言書を遺していなかったら、その法定相続人は遺産分割協議を行って遺産の分割方法を決めることになります。この遺産分割協議には法定相続人全員が参加しなければならないので、その点は十分に注意する必要があります。仮に法定相続人の1人が参加しない場合に遺産分割協議が開かれてそれによって遺産の配分を決めてもそれは一切無効となってしまうので、遺産分割協議を開く場合には法定相続人全てが集まっているかをしっかりと確認する必要があります。

神戸の相続ならこちらが人気です。

但し予め相続放棄をした人に関しては例えその人が法定相続人であっても、その人が欠席していても遺産分割協議を行うことが出来ます。


お手軽の千葉の弁護士にアクセスしてください。

その点も勘違いしてしまう人が多いので、遺産分割協議を行う際には十分に気を付けることが大切です。

そもそも法定相続人は亡くなった人の財産を必ず承継する義務がある分けではないので、相続財産が欲しくなければそれを放棄するのは自由です。

京都の相続の情報が揃っています。

しかし相続放棄をするには期限が決められていて、相続人は自分に相続権があることを知った時から3ヶ月以内に相続放棄をしなければ単純承認をしたものとみなされてしまうので注意が必要です。ここでよく被相続人が死亡した時から3ヶ月以内と勘違いする人がいますが、そうではなくて自分に相続権があることを知った時から3ヶ月以内なのです。

千葉の弁護士選びであなたの手助けをします。

例えば何かの理由で父親と何年も連絡を取っていないばあいには、その父親が亡くなったことを知らない場合もあります。その場合に死亡した時から3ヶ月以内に相続放棄をしなければ単純承認したものとされてしまうと、相続人は相続権を承認するのか放棄するのかの自由を選ぶことが出来なくなってしまいます。

立川の債務整理の知識が身につきます。

このようなことが起きないように、あくまでも相続人に相続権があることを知った時から3ヶ月と言うことにしているのです。


また被相続人が多額の借金を遺していた場合がありますが、もし相続人が単純承認をすると被相続人の遺した財産だけでなく借金も全て背負うことになります。

そうすると被相続人に500万円の財産があっても1000万円の借金があったら、それを単純承認したら相続人は500万円借金を背負わなければならなくなってしまいます。

法定相続人の中には被相続人の遺した借金をきちんと支払いたいと言う人もいますが、大半の人は借金を払いたくないと思うものです。

ではその場合にはどうすれば良いかと言えば相続放棄をすれば良いのです。

そうすれば被相続人の遺した財産を承継出来なくなるだけでなく借金も背負う必要がなくなるので、相続人にとっては有難いことだと言えます。

ただもし被相続人が亡くなって自分に相続権があることを知ってから3ヶ月経っても何もしなかったら単純承認したとみなされてしまうので、被相続人が遺した借金を背負うことになってしまいます。


ですから自分に相続権があると知ったら、それを知った時から3ヶ月以内に単純承認をした方が良いのかそれとも相続を放棄した方が良いのかをしっかりと考えた方が良いです。


http://girlschannel.net/topics/753777/2/
http://okwave.jp/qa/q8449272.html
http://matome.naver.jp/odai/2140539354364706101